DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月03日 (月) | Edit |
LOVE! 北欧 2012 autumn & winter (e-MOOK 宝島社ブランドムック)LOVE! 北欧 2012 autumn & winter (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2012/09/04)
不明

商品詳細を見る


 神奈川県・・・っていうか関東地方の拾い範囲(全域?)では久しぶり

に昨日一昨日と雨が降りました、っていういか一度に降りすぎだろう;。

 仕事中に窓から外を見ると真っ黒い雲が上空に・・・夕刻で暗くなって

きていた空が「青」に見えるほどの真っ黒さでそのくせ一瞬白くなる・・

・つまり稲光が見えたりした訳だ。 そして振り出すとあっと豪雨、それ

も台風でも着てるのかと思う程の物で帰り際バス停(屋根あり)からバス

へ乗り込もうとした一瞬でずぶ濡れになりかけた程である。 因みに距離

にして自分の足で2歩、面倒だからって乗る前に傘とじちゃったからね。

とは言えこの雨で植物達も元気を取り戻すだろう、彼等の働きで少しでも

涼しげに成れば良いなあ。


 さてそんな暑さの中で北欧の特集をしたLOVE!北欧と言うムックの

第二弾が発売です・・・正直に言ってオブラートに包んで言っても前回の

付録の評価が「ありえないほど低い」物だったので2段目が出るなんて思

って居ませんでした。 評価は低かったけど職場でも良く売れたので本と

しては良かったのだろうか。

 付録はリサ・ラーソンさんお猫柄(マイキーと言う名前だっけ?)ガマ

口ポーチ。

 このねこマイキーって言ったっけ

 寸法は思いのほか大きいようでデジカメとかも入るそうだ、がま口って

言うと財布の印象強いけど小物入れなんですねえ。 特に特筆する様な所

はなさそうですが、色柄は悪くない感じかな、それにしても最近では北欧

特集と言うとリサ・ラーソンさんで確定な感じなのか、僕もこの丸い外見

のキャラクター達好きなので良いのですが。

 
 大津いじめ自殺 同級生2人聴取、今月中にも立件判断

 大津いじめ自殺事件、この事件を発端に全国で次々と同じような事件が

明るみに成っている印象ですね、要するにコレまで口を封じられてきた人

達が立ち上がって来たのではないかと思う、なぜなら罰せされるべきなの

犯罪者であって被害者が報復を受けなければいけないなんてことが間違い

だからだ。

 さてこのニュース、今月中にも立件~とありますが、「殺人」の可能性

に関しては考えていないのかね?、以前別ブログの記事参照にしてみまし

たが直接殺している可能性は大いにありえると思うけど、何せこいつ等。

最低でも自殺するまで追い込んだ事は事実でありがなら「遊びの範囲」と

言い放ってるんだからな。

 遊びで他人を殺すなんてのは人間ではない。 野生のヒグマ等なら有り

得るかもしれんが彼等は街中に居らん。 街中にそんなものが居るなら銃

殺されて然るべき。 

 疑いの余地もなく犯人は反省などしていない、そんな物(者とは言わん

人間としては扱わん)を社会にだしても次の被害者を生み出すだけだと

断言できる。

 およそ2ヶ月前のニュースにこんな記事が有る。 詳細は記事自体を読

んで貰うとして一部を抜粋。

 公立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、学校が実施

したアンケートに「(教室に)貼ってあった男子生徒の写真の顔に、

死亡後も、いじめをしたとされる生徒が穴を開けたり落書きをしたりしていた」


 殺人後にもこのような事を繰り返す物が人間と呼んでたまるか。

 
 先月末だったか、学生が自殺しても被害者側が告訴しない場合で

あっても立件できる法案だかなんか設立されてたっけ。

 本音思った、「なんて無意味な事を」と。

 少年法自体を廃止、もしくは適用する年齢を10歳以上下げて、

刑事罰自体を適用しない限りは変わることは無いってんだ。

 大体それ以前にやることがあるんじゃねーのか。

 今回大津中学生の事を調べていて何故かデヴィ婦人のブログに行き

渡った、なんとそこでも中学生問題を取り上げていたのだ。

 そのブログも一寸見てもらいたい、まあこんな名も無い個人ブログ

よりはそちらの方が元々読まれているだろうが(笑)、見たことも無

い人もいるでしょうし。

 http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11298935138.html

 此方がそのリンク、2005年にいじめを苦に自殺した少女の事に

ついて書かれて居る・・・結局「自殺までしながらいじめは立件なし」

で終わったと言うのが結論。

 この前にいじめを犯罪と認めていれば少女は死なずに済んだだろう。

大津の事件の後でもいじめを犯罪として刑事罰を適応していればその

後の自殺も防げたかもしれない。 

 少なくとも、刑事罰が適用されようがされまいがいじめをする人間は

純然たる犯罪者であり狂人だ。

 野放しにして世界の為になる理由は一切ない、その時点で駆除される

べきなのだ。

 何度も口にしてますが犯罪者に「人権」は要らない。 何故なら犯罪

と言う物は他者の「権利」をないがしろに、被害を齎した存在の事だ。

 それの人権を守ると言う事は「法を守った」人間をないがしろにし、

「法を破った」人間を守る事に他ならない。

 人類は平等であると言うのであれば尚更犯罪者には「報い」が与え

られ無ければならない。 

スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。