DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月07日 (火) | Edit |
In Red (インレッド) 2012年 09月号 [雑誌]In Red (インレッド) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/07)
不明

商品詳細を見る


 暑いです・・・正直昼間にPC起動するとさらに部屋の温度が上がるの

で昼間にブログの更新をするのはどうなんだと思いつつ、昨晩更新をしな

かったので今やらないと情報劣化するよなーと思い更新してます、汗だく

で;。

 さて7日です。 毎月お馴染みのインレッドやステディなど婦人誌とか

婦人ファッション誌が発売される日です。

 今月はお盆休みがあるのでソロソロ前倒しも始まる頃だと思いますが、

今の所は問題なく日付どおり、と言う訳で7日発売の雑誌をチェックです。

 まずはインレッド、マッキントッシュ フィロソフィーと言う聞き覚え

があるブランド名の三つ折ミニ財布と言うものが付録。 大型のスーパー

等で売ってる様な財布に見えなくも無い、まあ雑誌付録ですんで耐久性は

そこまで無いでしょうが。 写真だとわかりませんが裏側に小銭を入れる

部分が別にあり、内側はカードを入れる部分になっています、三つ折にす

るので当然お札は折れるのでソレがいやだという方は長財布を普通に買う

方が無難かも。 

Steady. (ステディ) 2012年 09月号 [雑誌]Steady. (ステディ) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/07)
不明

商品詳細を見る

 
 同じ宝島社のステディ、すっかり名前を覚えたビームスのトートバッグ

が付録です。

 写真だと矢張りわかりづらいですが、機能面が意外とあり、口の部分は

ボタンで留められ、内ポケットもあります(宝島社のHP動画を確認)。

さらに内側の記事も外側と別の物が使われている模様なので透けて見える

と言う事は無さそうだ。

 

 それにしても暑くなってきて入荷する雑誌も熱を持つようになってき

ました。。。暑さで体調崩す同僚が多い事・・・。

 電力不足と言われる現況は矢張り盗電でしょう、と言うかあんな物に

公的資金1兆円投入とか意味が判りません、「なぜ電気料金以外の金額

まで騙し取った詐欺師集団に、今また税金と言う我々が出した金を使わ

レナければ成らないのか!」この一言に尽きる。

 今の所電力会社がソレだけだからと言う事なんだが選択の余地を作っ

た上で盗電潰した方が良いに決まっている。

 ソレをしないならもっと経費を削減させるべし、なんだ役員の給与を

3割カットって・・・ヒドイ話じゃないか。

 適切なのは「3割以下にカット」だ、詐欺とテロと無差別殺人を同時

にしでかしたような輩に高給など論外である。

 オリンピックに埋もれて余りニュースでも見かけませが、漸く今に

なって事故直後の映像を公開しましたね・・・でもコレ手を加えられて

無いだろうな?。 完全にまずい所は触れられないように証拠隠滅を謀

って居ても不思議には思わんぞ・・・大体にして事故から一体どれ程の

時間が経過していると思っているんだ。

 

 本当に1兆円もつぎ込むならそれだけのソーラーパネル用意すれば

良いんじゃね?と思う。

 ドイツでは真夏日に原発20基相当の電力を太陽光発電で作り出す事

ができたと言う。 詐欺且つ毒物ばら撒いた犯罪組織など潰して別に電力

事業を立ち上げた方が良かったのではないか?。 


 近い所で懸念しているのは浜松原発。

 近くに富士山が有るよね。

 最悪のケースはこうなる。

 関東大震災クラスの地震発生→その時点で古い家屋倒壊、火災発生の恐れ。
      ↓
 津波、及び「富士山噴火の誘発」→大量の火山灰が関東の広範囲に降る。
      ↓
 同時に浜松原発崩壊→大量の放射性物質が周辺・・とくに関東へ降り注ぐ。
      ↓
 大量の火山灰に高濃度の放射性物質が降り注ぎ、関東一体「死の世界」に

変貌する・・・。

 実際火山灰が降り積もったら近隣であれば重さにより建物が倒壊(と言う

かそれ以前に火災だろうが)するほどだと言うし、距離についても過去に

発生した宝永大噴火では遠く江戸まで火山灰が降り積もったと言う。

 大震災が発生した場合原発事故と噴火は同時に発生する可能性が高いと

いえると思う、その上両者が其々未曾有の大災害になる訳で有り、地震(

及び津波)で大きな被害を受けた所に火山灰と放射性物質が降り注ぐとなれ

ば・・・まあ復旧など夢の又夢であろう。 過去読んだ「怒る富士」と言う

小説でも火山灰の処理「場」に苦慮した記述があったと記憶している。

 当然江戸時代の話と現在では道路の整理もされ、重機が存在する為違う

と思うだろう。

 だがそこに放射性物質が加わったらどうだ?。

 瓦礫に加え火山灰だけでも恐らく今の世の中でも壊滅的な被害を受けた

上に処理に苦慮する事であろう。 その上に放射性物質が降り注いだ場合

疑いの余地もなく「処理するすべを無くす」の一言だと思う。

 考えても見て欲しい、東北の震災の後、津波で流された家屋の瓦礫等を

「焼却」した物の扱いがどうであったか。

 多くの自治体が拒否したではないか。

 
 問題はソレで終わらず、基本西から東へと向かう風の動きによって多く

の放射性物質が関東より「北東」へ向かう。

 それは福島原発の放射性物質と重なり合う位置にも当然降り注ぐ訳で、

そうなれば福島と静岡の間の県の放射性物質は倍増する事になる訳だ。

 
 果たして危険じゃない所はどれ程残るのだろうね。

 
 無論太陽光発電も「火山灰」が降り積もれば発電は出来なくなる。

だがそれは逆に言えば「火山灰を退かせば再利用できる」可能性が有る

訳だ。


 原発が安全?。

 そんな訳はない。

 クリーン?。

 それはどんな毒物と比較した話なんだ?。

 
 再稼動なんて動きもあるが、本当に必要なのは全ての原発の「抹消」

だ。 稼動させる事で利益を得ようと思った連ちゅう等の理屈は知らん

本当に必要なのは「全国民の安全」だ。

 今も日本中に「某テロ集団」が撒き散らした毒物よりも下手をすると

悪い物が設置されていると言う事実を忘れてはいけない。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。