DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年05月19日 (土) | Edit |
non・no(ノンノ) 2012年 07月号 [雑誌]non・no(ノンノ) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/05/19)
不明

商品詳細を見る


 本日発売のノンノの付録はラシットの扇子、それとポーチの2点、色

は赤っぽいけど・・・なんていうんだろうこの色。 集英社のムックや

雑誌の付録はすっかりラシットが主流になってしまった印象、実際売れ

行きは悪く無く人気は未だにある印象ですが最近は流石に直売り切れる

と言う程の影響力は無くなった印象。 人気は有るけど若干飽きも来た

のではなかろうか。 

 さて、最近はもう暑い日が増え始めました・・・夏が近づいてきた事

でこのような扇子の付録が目に入るようになりました。 同様にビーチ

サンダルの付録が付いた物も出回り始めです。

giorni 2012年 07月号 [雑誌]giorni 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/05/19)
giorni編集部

商品詳細を見る


 例によってリサ・ラーソンな付録のジョルニです、なんかどこでも

一度売れた物は続けて使うと言う傾向には有りますよね・・・。

 尚付録の絵柄はハリネズミ三兄弟と言う物の・・・ビーチサンダル。

扇子と同じく良く見るけどさあ・・・ビーチサンダルの付録って傾向

として人気は「無い」んですよね。

かわいいけどビーチさんだる

 柄は可愛いです・・・実業之日本社さんはジョルニの新刊が出ると

見本品を送ってくれるのですが、開けるとビニール臭が凄まじかった

です・・・店頭に出すのは躊躇われます。

 それと女性向けの雑誌である事から当然かもしれませんが、非常に

小さかった、一体どのくらいのサイズなんだろう。

 リサ・ラーソンさんの本も人気はあったし、実際人気なのは疑って

いない。 しかし昨年にも同じようなこと書いた気がしますが、昨今

の若者は海離れが進み、海水浴客などは減る傾向。 加えて「原発」

である。
 
 昨年に比べると「自粛」傾向は無くなったであろうが、関東・・・

特に千葉以北では、福島の原発から未だに垂れ流しが続いている筈の

放射性物質を懸念する人が多いであろう。

 それでビーチサンダルを付録にしてもそんなに売れないんじゃない

かなあと思わんでもない。

 自宅でも、と一瞬思ったらジョルニにも「おうちでも」と書かれて

居た。 しかしその後自分でその考えを否定・・・履くならビーサン

よりも普通のサンダルの方が足楽じゃん・・・と。

 強度的な問題もあるし今後もビーチサンダルの付録は微妙な気がし

ますよ?。

 さて本日はWCJAPANのムックの発売日でも有りますが、結局

アマゾンでは販売可能になったら~的表示のままでした、転売者によ

る値段の吊り上げもありえますから暫く静観した方が良いかも。重版

されれば良いのですが。

 後はネット購入者が多い分、一般書店で実は残ってる可能性もあり

ます、職場でも実は予約が殆どなく、入荷数がとても少ないにも拘らず

店頭分が有ります・・・最も一般書店では限定版の扱いは無いんですけ

どね。 今後もチェック続けて重版されるようであれば又ブログに上げ

ます。

 

 さて本当はこの辺りの記事を昨日の晩作る予定でした。 しかしなが

ら昨日は「安全」を優先してPCの電源を早々に落とした為更新は出来

ませんでした。

 何の事か・・・って昨晩は茨城県辺りからか「激しい雷雨と突風」が

発生・・・それがその後南下して神奈川県にも来たのです。

 11時頃ニュース速報で竜巻に注意なんて記事を見ていましたが、ま

さか自宅の方まで来るとは思わなかった。

 そして戦慄、激しい雷雨と言う言葉に偽りなし、竜巻の発生に注意と

言う呼びかけも決して大げさではないのだなと納得するレベルの嵐でし

た。

 アレは大型の台風でもなければ(雷は別ですが)そうそう体験しない

暴風雨だと思います・・・結果として雷にびびってPCの電源を落とし

た次第。

 ビビリますよそりゃ、人間だって雷打たれれば死にますが、PCも死

ぬんです、っていうか以前「壊された」事が有るので;。 

 突風、雷と来て今日も地震、地震雷火事おやじの半分が揃ってますよ。

コレも以前書いた気がしますが、おやじは台風の事だそうです。

 しかし何です、夜間の竜巻とか雷とか、気をつけるといわれてもどう

すれば良いの?って感じですよね。
 
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。