DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月27日 (月) | Edit |
GLOW (グロウ) 2012年 04月号 [雑誌]GLOW (グロウ) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/28)
不明

商品詳細を見る


 28日です、今年はうるう年で29日まで有るので助かりましたって感じです

が28日発売の雑誌が減るわけではないので大変と言えば大変。

 さてその中から先ずGLOW。 付録はミューベルの花柄&水玉巾着トートと

言う物。 花柄は良く判るんですが・・水玉はどこ?、と思い宝島社のページで

確認。 するとブランドアイテム紹介の動画で判りました。

 巾着の部分が良く見ると水玉模様、ただし色が目立たないので表紙の写真等で

は判らないんですね。
 
 この付録の作りは以前大変人気がでたアナスイの物と酷似していますし、花柄

は傾向として人気は出やすい。 加えてミューベルって名前は自分が覚えて居る

位ですからきっと反響はある!と思いたいけど実際どうかなあ(笑)。

 寸法は横31×縦21×マチ10.5(各cm)だそうですので大きいと言う

程の物では有りませんが、動画では上着らしき物を詰め込んで居たので容量的に

は意外とあるのかも。 

MORE (モア) 2012年 04月号 [雑誌]MORE (モア) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/28)
不明

商品詳細を見る

 
 お次はMORE,付録はコーチのジュエリーケースと言う物で、二つ折の状態

で寸法が縦7.5×横14(cm)だそうです。

 コーチといえば人気のブランドである事は疑いの余地がないと思うのですが、

今回の付録は留め金とかが無くて紐で巻くだけ見たいですねえ・・・いや縛れば

良いですが一本の紐って上手く縛れない人も居るような・・・?。

 それでもぱっと見でコーチとわかるデザインですから売れるには売れるでしょ

うね。 元々MOREとWITHと言うのは28日発売でも特に売れる雑誌です

し。

with (ウィズ) 2012年 04月号 [雑誌]with (ウィズ) 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/28)
不明

商品詳細を見る


 で、そWith。 付録の形状が実はGLOWのものと似通っていて此方も

巾着型の「ふた」に当たる部分があるバッグとなっています。

 寸法は縦23横34マチ12(cm)とGLOWに付属する物と比べると

やや小さい、しかし蓋の部分の巾着がGLOWの方はバッグの外側に出る様な

作りなのに対してWithの付録はバッグの外側には出ない様に見えるので、

容量的には実は変わりないのかも?。

 後は柄とか生地の好みの問題でしょうが・・・柄はヒョウ柄、最近豹柄って

ソレ程人気が有ると言う程じゃなくなって来た気もするので微妙な予感。

 生地に関しては結局開けてみないと・・・ですしね。

BENIR (e-MOOK 宝島社ブランドムック)BENIR (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2012/02/28)
不明

商品詳細を見る

 
 最後にブランドムック、ベニルと言うそうですが知らんブランドだなあと

思っていたら知らないのも当然で「日本初のウエディングシューズブランド」

だそうです。 結婚とか予定も無く身近な所で結婚した人も居ない野郎には

遭遇する事が無いものでした(笑)。

 BENIRは、ヒールの高さ、品質、デザイン、そして「MADE IN JAPAN」

にこだわり、一足一足職人により手作りされています。

ウエディングシューズブランドですが、普段使いができるヒールの低い

シューズや黒色のシューズといった商品もあるので、さまざまなシーンで活躍。

付録はブランドロゴが型押しされたトートバッグとインソールのセットです。


 なるほどシューズブランド故にインソールですか、サイズ調整が可能な物で

22.5~25.5の間で使えるそうです。

 トートバッグは横30高さ20マチ15(cm)と言う物らしいですが特に

その他の記載は無いですねえ、宝島社のページにも現時点では掲載されていな

いので詳細が不明です。

 しかしインソールって付録はたまに見かけますが、正直微妙ですよね。自分

の足に合うとは限らないし、ソレ位なら普通に買った方が良いと思われるので

しょうねえ。

 おしゃれは見えない所からと言う話もありますがムックの付録レベルな上に

そもそも普通靴の中って見る物なのかなあ?。

 トリートドレッシングは思いのほか動きましたがこのブランドはどうなるん

だろう。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。