DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年05月28日 (日) | Edit |


 版を重ねて発行されてきたロビの新しいバージョンがもうじき創刊します。

6月6日発売で今の段階ですでに定期の申し込みがあったりする位なので

今回も評判がよさそうな感じ。

 2の発売で気になるのはアトムとの比較。

コレね

 尤も個人的にはロビの方が圧倒的に売れるであろうと思っていますが。

理由は単純明快

 外見が圧倒的にロビ2の方が良かろう


 アトムはいろんな意味で10年早かったんじゃないかと思ってしまう、

だって原作が存在する以上はその原作に合わせた外見にしてほしい訳

ですが、関節構造がロビよりも不自然に見えてしまう辺りどうなのと。

何より胸部にあるモニターはなに・・・、元のキャラにない物を付けるの

は原作好きな人には嫌なんじゃないかなあと思ってしまう。

 ついでに言えばこのパーツ高いんだ、ロビもそうだけどパーツによって

他の分冊シリーズと違い号による値段の落差が激しい訳ですが、この

胸部の液晶が高い為にアトムは余計に高くなってる印象が拭えない(

そして外見的にも原作から離れている・・・)。

 もともとアトムの方を欲しいと思う方はロビと比較して年齢層が非常

に高いと言うのが実際じゃないだろうか。 自分の職場でも実際年金

で生活されているのではないかと思われるご婦人(つまりおばあちゃん

)がアトム好きと言う事でチェックに来られたのですが・・・、余りの値段

に定期購読を断念されたという話も有る位である。

 分冊シリーズは言ってしまえばン十回の支払いで何かを作り上げる

的な面があるわけですが「月の支払いが万単位」となればそりゃ負担

として大きいわな。

 因みにこのロビ2とアトムの比較をしているページがあったので其方

のリンクも載せておきます。

「鉄腕アトム」&「ロビ2」、スペック徹底比較!(価格.comマガジン)

 値段の比較も掲載されているのですが合計金額(タブン予定)だけ

掲載するとこんな感じ。

週刊 鉄腕アトムを作ろう!全70号予定 合計 199,232円(税込)

週刊「ロビ2」 全80号予定 合計 171,327円

 3万円近くチガウ、でもどちらも予定に過ぎないと言う点にも注意。

この手の分冊シリーズはなんだかんだと追加コンテンツを発表、延長

するのが普通みたいになってきてるしね。

 とまあ外見の違いと値段の違いも有る上に以前のロビとのリンクも

有るとなればロビ2の方が人気でそうだと思わずにはいられない。

せめてアトムも胸部のがなあ・・・あれないだけでもかなり価格チガウ

はずだと思うんだけど、機能面を増やすためと考えると仕方ないのか

もしれませんがより低価格でより外見が原作に近い方が嬉しい人も

結構いたんじゃないだろうか。

 因みに10年早いの意図は今年が実は手塚治虫生誕90周年と言う

のも有る、 10年後だときっかり100周年!、まあ今出しておいて後で

100周年Verと言うのが出る可能性も無くも無いでしょうが。

 上記のリンクにある画像ではロビ2の色違い(パーツを変えて色

の違いを楽しめる様に最初から作られているらしい)の写真も掲載

されていました、まあボディや頭部本体ではなく一部のパーツだけで

すけど色違いを楽しめると言うのも外見的な好みを考える上では強み

になりそうな気が。

 人気があって派生した商品も色々でましたしねロビって。



 ロビでもやはり高いことが問題と思ってこの手の品物を買っている

人も多いみたいですね。

 しかしロボットペットも色々増えたものです、ソニーのAIBOが出た時

には未来を感じたという人が多かった様ですが今では書店で買って

自分で作れるような物が複数存在するわけですしね。

 

 まあ個人的にはアレの実現こそまだなんですかって感じですが。。。



 バンダイさん ハロまだ?




 自宅のハロちゃんはパズルだから動きません!。

 いやまああんな細腕(と足)で動き回ったり謎の構造で飛んだりとか

無理かもですけど!。  それでもアイボ見た時に「将来ハロが作られる

ような事がくるのかも!!!」って期待しちゃった人は多数いると思う。

 自分もその一人、まあ出たら出たで買えるかどうかは別問題ですがね!。


 最後にロビ2(とアトムにも関係)に話をもどしますが、書店で毎号の

購入をするというのはとても困難が生じる可能性がありあます。

 この手の分冊シリーズと言う物は途中から発行部数が極端に少なく

なり、店頭に並ばなくなるものが非常に多いからです。 毎回確実に

支払えるという方は最初から定期購読にしておいた方が良いです。

創刊号自体も早めに注文しておいた方が良いでしょう、今は何でも

転売する人間もいますしね。。。カールのぼったくりとか何だよと。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。