DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年10月18日 (金) | Edit |
Traditional Weatherwear (e-MOOK 宝島社ブランドムック)Traditional Weatherwear (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2013/10/16)
不明

商品詳細を見る


 16日に発売されたこちらのムック、トラディショナル ウェザーウェアと

言うそうですが、解説を読むと人気ブランド「マッキントッシュ」のデイリ

ーラインとして人気を集めるとあります・・・デイリーラインって何だ(汗)。

早速しらべようとしたのですが何かの商品名らしい物の羅列ばかりで意味は

判らずorz。 出だしからつまづいてます;。

 さて職場でもある意味つまづいた、見たことがないブランドでアマゾンで

ランキング入りとかもしている印象がなかった(実はきちんと100位まで

見ていなかっただけで入って74位に入っていたのですが)ので取り立てて

注意していなかったのですが、夕方頃には商品をおいた場所に穴が・・・、

つまり売れてしまって補充がされていなかったと言う状態に。 正直言って

やってしまったという感じである。

 それで改めて調べると・・・。

 まずはブランドがマッキントッシュ社のファミリーブランドとあるのが

調べてみるとかなりややこしい;、とりあえず覚えのあるマッキントッシュ

フィロソフィーと、このトラディショナルウェザーウェアが同年に発表され

た物でそれぞれセカンドラインとカジュアルラインと言う違いらしいと言う

事。 元がマッキントッシュ社と言うことですが、トラディショナル~の

方は「旧社名」を復刻した物だそうです。

 詳しくは↓に掲載されていましたので興味のある方はご参照をファッション

総合サイトだそうです。

http://www.fukudb.jp/node/13153

 さて話をムックに戻して付録。

ヒョウ柄は安定して人気がありますねえ

 名前で気がつかなかったとは言えマッキントッシュフィロソフィー等と

同じ系列ならそもそも人気が有るのでしょう(疎いからなあブランド;)。

その上でバッグ自体のデザインも人気のヒョウ柄。

 内側はキルティング、これも又人気がある

 内側みるとキルティング加工とこれも人気・・・そりゃ売れるなあと

今更思う;。

 レビューが今の時点で2件あって両方星5というのもの珍しい、今後

も売れる可能性があるので欲しい方はお早めにという久々のコメントも

添えておきましょう。




 訃報です。

 以下の記事は小学生新聞に掲載されているという事でフリガナも振ら

れています。 小学生でも読めると思いますのでお子さんに見せたい方

は参照しやすいかと。

 やなせたかしさん:天国へ 世界一情けないヒーロー

 NHKの爆問学問と言う番組に出演されていた時のアンパンマンの誕生

秘話を思い出しました、まさにこの事を言われてたのです。

 番組のページによると出演された時の回を再放送するそうです。

2011年にやなせたかしさんがご出演された「爆問学問」
「君もアンパンマンになれる!」
10月19日(土)午後5:00~5:30<総合>再放送予定です。


 今日もアンパンマンの本を買いにこられたお客さんがいらっしゃいました。

アニメの物ではなく「やなせたかしさんの描かれた物で」と言う事でした。

 アンパンマン全体でコーナー作るのは大変すぎるかもしれません、TVアニメ

化もして小さい子供達に大人気のアンパンマンの関わる本は雑誌でも多数存在

し、又アンパンマン以外でも、やなせたかしさんが関わった本も当然ある。

 

 ユリイカの表紙を飾ったのも少し前。

やなせたかしさんの“遺言”掲載 季刊誌「詩とファンタジー」

 上記の通りで明日発売の誌とファンタジーにやなせさんの遺言が掲載される

とか。 ニュース記事にもなっている位ですのでアマゾンでは既に売り切れ。

もともとの発行部数が少ないのでしょうが・・・重版が今から望まれますね。


 最後にちょっと、らしくないきもしますが。

 
 アンパンマンは世界一情けないヒーロー

 そう、やなせさんは語ったそうです。

 それでも僕から見ればアンパンマンは情けないヒーロー等ではありません。

 子供達に夢と希望を与え、勇気と優しさを教える世界一素晴らしいヒーロー

なのではないでしょうか。


 だからこそ子供達にこんなにも受け入れられて来たのだと、そう思います。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。