DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年05月10日 (金) | Edit |
sweet (スウィート) 2013年 06月号 [雑誌]sweet (スウィート) 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/11)
不明

商品詳細を見る


 長らくブランドムックを中心に予習もかねて更新を重ねて来たブログなのです

が、現在ブランドムックに対する関心が薄れている(僕自身も含めて)のは事実

故、今後このブログどうしたもんかなーと思案中。 以前は割とアップしていた

ダイエット関係のムック等も余りにも頻繁に新しい物も出るしで正直其方もまた

追いつく気がしない・・・というかコレもまた種類増えすぎで大ヒットと言う程

の物が思いつかなかったり。

 とりあえず職場で見たものや今後期待できそうな物を予習復習して行く方向性

は良いにしてもブランドムックに関しては最早「期待薄」と言わざるを得無いか。

 連休前に発行されたキャスとコーチですが、結論からいって「激しく滑った」

と言うのが偽らざる感想、正直レビューとか読んでも「だめだこりゃ」としか思

えないから仕方ない。

 付録の安っぽさ自体にこのブログ自体でも言及はしていますが、アマゾンでの

レビューで「100円ショップで買ったほうがマシ」とか書かれてしまうようであ

っては4桁の金額払う意味が無くなるだろうからなあ。

 実際付録は殆ど(全部かどうかまでは判らない)中国製であって、大量生産と

言う観点でも元々100円ショップレベルと言われたらソレまでな所は有るだろう。

それでも場合によって質が良い物は「臭い」の問題が残って尚、評価されてきた

のですけどね。

 正直出しすぎと質の悪化、何より「雑誌の方が高く評価される事が有る」と

言う現実。 ブランドムックに対して殆ど半額程度の値段で、違いが殆ど感じ

られないような付録が付く以上、雑誌ので良いやと思う人が多くても不思議は

ないだろう。

 
 まあ限定版の雑誌とかも有って一概にムックより安いとも言い切れないが。

 
 さて、トップのスウィートもそんな関係だったりする。

 
 今週の日曜日に問い合わせを受けたのだが、基本が青くてアロハの柄の裏地

が有るトートバッグが付いた雑誌を探していると言われ右往左往。

 結論からいってそれは「おねがいランキング」なる番組内で紹介された、

今月『12日』に発売「される」スウィートだったのだ。 つまりまだ発売され

て居ないので店頭で探しても当然見つからないわけである。

 重要なのは「ブランドムックに対する問い合わせ」が劇的に減り、その一方

で○○が付録の雑誌を探しているんですけど、と言う問い合わせは未だあると言

う事。 コレはやはりムック<雑誌の流れになりつつあるのかなあと思わずに

は居られない。

 ムックの方はクーポン同梱の物が増えているのだが、それを明記していない

物が多いことも問題だし(最初から割引率とか期限とかも解説に記載しとけば

多少の違いは在ったのではないだろうか)、いざ掲載しても『近くにショップ

が無ければ意味が無い』と言うケースが考えられる以上、魅力があると言い切

れない。

 ネットで使えるようにコードなどを利用した場合「その部分のデータを盗む

」人間が必ず現れる(断言)と言う問題も有る為コレも難しかろう。 実際に

ゲーム用のコードをまとめて盗むカスが居るのである。 

 
 雑誌の場合は定期的に出る物であり、月(若しくは隔月等)毎に返品もされ

て売り場の容量的にも基本的には大きな変動がないと言えるだろう、まあ増刊

やムックの関係で苦しい事も有るが。

 がブランドムックは正確には雑誌ではない、あくまでムックであり本来で有

ればイレギュラーなのだ。 その為の棚などは最初から用意されて居る訳も無

いにも関わらず余りにも多量に、そして多種が送られる結果・・・「店頭に展

開するスペースが無い」状態に陥りました。 

 雑誌より売れたのであれば雑誌のスペースを削ってでも展開する事を考えも

しましょう。 が、現実問題ブランドムックは全体的に人気が落ちている。

 職場では規模縮小の方向で決まり、アマゾンでもランキングに入っている所

を目にする事が稀になった以上、今後は違う方向を見るほうがよいかなあと思

わずには居られません。


 バッグサイズの雑誌も低迷気味の印象、どうしたって大きさ二つ出したら当然

売れ行きも2分されますからなあ・・・全体的に小さくして行く方向なのかと

思ったら他の出版社でも中途半端に同じようなこと始めてるし、これはこれで

今後どうなるんだろうなあ。
 
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。