DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com SKE48 LIVE!! ON DEMAND
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月24日 (土) | Edit |
初音ミク×earth music&ecology Japan Label ~イラストスタイルブック PINK<オリジナルTシャツ付> (e-MOOK 宝島社ブランドムック)初音ミク×earth music&ecology Japan Label ~イラストスタイルブック PINK<オリジナルTシャツ付> (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2012/11/26)
不明

商品詳細を見る


 26日にもまた複数のムックが発売しますがその中から初音ミクの物を

まずアップしておきます。

 さて一応、初音ミクって何だってことから解説すると。

 クリプトン・フューチャー・メディア社が販売するVOCALOIDソフト

(サンプリング音声による歌唱を可能とするボーカル音源)、およびその

キャラクター名である。

『キャラクター・ボーカル・シリーズ CV-01 初音ミク』が2007年8月

31日に発売して以来、1000本売れればヒットといわれるDTM業界の中で

数万本を売り上げる大ヒット商品となった。


 と解説されているウィキがありました、文章全体がリンクになってい

るのでより詳しく知りたい方は其方をご参照ください・・・抜粋とかと

てもしていられない情報量です;。

 人気の理由は恐らくキャラクターのデザインにもあるのでしょう、音

楽分野だけではなく小説などでもコラボレーションした物を見かけたり

フィギュアとかも見かけたりするから間違いないかと。

 さて商品の方に視点を戻してみますと。


人気アパレルブランドのアース ミュージック&エコロジーと、話題の

ボーカロイド『初音ミク』の異色コラボレーションで贈る、イラストブック

です。
 と先ず有る。

しかも、初音ミクのシルエットが描かれた、アース ミュージック オリジナル

デザインのTシャツが1冊にひとつ、必ずついてきます(サイズは1サイズのみ。

レディスのLサイズ、メンズのMサイズに相当)!


 付録のTシャツは男女どちらも着られるもの・・いやまあTシャツって元

からそう言う物でしょうけどデザインやキャラ的にどちらに人気なんだろう

て気には成ったので男女どちらがほしいと思っても解る様に両方のサイズを

記載したって事ですね。

はつねみくぴんくサムネイルです

 で付録が此方、サイズ等はすでに記載されたとおりですし、Tシャツに

これ以上のコメントは思いつきません;。
 
 本文については

誌面には、人気のイラストレーターが描く、アース ミュージックの服を着

た初音ミクのイラストが満載。その世界観も新しい提案のひとつです。

イラスト着用の服は、アース ミュージック&エコロジー ジャパン レーベル

のHPで全て購入が可能。ミクと同じコーディネートが手に入るので要チェック。

本誌でのみ公開される、初音ミクのイラストにもご期待ください!ファミリー

マート&ファミマ.com限定のチャコールグレー版も同時発売中です!
 

 と、あります。

 正直売れ行きを予想し難い・・・人気キャラクターである事に疑いは無いで

すが、男女どちらに人気かと言われると首を捻る・・・イラストなどは男性の

ファンが喜びそうな気がする一方、ファッションと言われると女性だよなあ、

と。

 所謂二次元(アニメだの漫画だのまあ要するに絵)のキャラクターの格好を

真似ると言うのは所謂コスプレって奴なのか?と思っていたのですが、先日

発売されたモードエヴァのコメント等を読むとどうも違うらしい。

 そうなるとこの初音ミクと言うキャラクターの衣装とかも普段着とかが設定

されていて、それを真似てみると言う・・・つまりファッションモデルを真似

る様な見方で利用される方が居ると言う事である。

 ましてアースミュージック&エコロジーで全て購入可能とか書かれて居るの

ですからねえ。

 はつねみくぐれい

 一応ファミリーマート限定と言うほうの付録もアップ、本誌は同じで付録の

色が違うだけと言う物です。

 一応ファミマドットコムで調べてみようと思ったが商品自体を見つける事が

出来ませんでした・・・なんだか超見づらいです。


 たまには明るい話題っていうか可愛いお話を。

 静岡“カピバラの露天風呂”30年に

 NHKニュースウェブへのリンクに成っています、本物のカピバラさんが

温泉につかる姿が動画で紹介されていますので興味の有る方はご覧下さい。
スポンサーサイト
テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。